東京の名所を巡る屋形船

貸切屋形船の楽しみ方はいろいろ!

貸切屋形船の楽しみ方はいろいろ! 屋形船を貸しきる目的、楽しみ方は人それぞれです。まず、お酒やお料理と一緒に四季折々の景色を楽しむことができます。
春の一番の楽しみはお花見でしょう。桜の木の下でのお花見だと人ごみの中で行うことになってしまうことが多いですが、船に乗り隅田川から眺める桜並木は絶景です。
また同じように夏には花火を人ごみから離れた場所で見ることができます。水の上を進む船だからこそ、人工的なエアコンの風ではなく自然の風で涼しく快適に過ごすこともできます。
秋には紅葉や月見を落ち着いた雰囲気の中でゆったりと楽しむことができます。
冬は、空気の澄んだこの時期だからこそ東京のネオンが輝いて綺麗に見えます。
一年を通していろいろな風景を楽しむことができます。
また、さまざまな目的で屋形船が貸切で利用されています。会社の同僚たちとの歓迎会や送別会はもちろんのこと、親戚の集まり、結婚式の二次会などでも利用されています。
最近では少人数での貸切が可能なプランを提供している屋形船もあるので、女子会目的や誕生日のお祝い、還暦祝いなどで貸切屋形船を利用する人たちもいます。
2名から貸切ができるところもあるので、大切な人との記念日やプロポーズの舞台に選ぶ人もいるようで、みなさんいつもとは違うシチュエーションを楽しんでいます。

東京の名所を巡る屋形船

東京の名所を巡る屋形船 東京の名物となっているレジャーが屋形船に乗っての遊覧観光ですが、貸切で利用すると、通常よりも巡るコースの選択肢が拡がり、さらに楽しいひとときが過ごせることになります。
屋形船で回る東京名所としては、貸切りならお台場周辺、スカイツリー、隅田川のお花見、東京ディズニーリゾートの花火、隅田川の花火などの見物、といったコースがあります。
基本的には、お酒は飲み放題となっている場合が多く、船の中で出される料理も、天ぷら、刺身などをはじめとして、たくさんの料理が並ぶ、かなり豪華なものとなっています。
また、時間に関しては、乗り合い船だと出船する時間は決まっていますが、貸切の場合は、営業時間内であれば、自分の希望する時間を申告してみて、都合が合えば、その時間で利用することができます。
単なる観光のみではなく、企業、地域等の会合、新年会、忘年会、カラオケ大会、そして、結婚式など、さまざまなイベントで、屋形船は利用されています。
もちろん冷暖房完備ですから、夏も涼しい船の中で、東京湾の普段見ることのできない風景や夜景を満喫することができます。
数十人が集まるようなイベントを企画している場合には、東京の屋形船という選択肢も、頭の中に留めておきたいところです。

おすすめの屋形船に関するリンク

コースやご予算に応じたプランを紹介する屋形船のサイト

屋形船を予約

「屋形船 名所」
に関連するツイート
Twitter

@jtmr813 別所さん おはようモーニング(^-^)/ #私のオススメ東京2016夏 夏の風物詩、屋形船での東京見物。名所巡りやスカイツリーを眺めながらの夕涼み なんかいかがでしょう #jtmr #ohayomorning

Twitter 4Cozy かぶのりだ~ - 昨日 7:45

リツイート 返信

温泉名 原鶴温泉 (ふりがな) はらづるおんせん 泉質 単純温泉 効能 リウマチ、神経痛、その他 温泉紹介 筑後川のほとりにある静かな温泉郷。鵜飼の名所。5~10月までの期間中は屋形船で見学できる。もちろん「鵜飼い」でとれた鮎は絶品。 住所 福岡県朝倉市杷木久喜宮

温泉名 原鶴温泉 (ふりがな) はらづるおんせん 泉質 単純温泉 効能 リウマチ、神経痛、その他 温泉紹介 筑後川のほとりにある静かな温泉郷。鵜飼の名所。5~10月までの期間中は屋形船で見学できる。もちろん「鵜飼い」でとれた鮎は絶品。 住所 福岡県朝倉市杷木久喜宮

ゴルフのあとの食事会。嵐山にこんな名所があるなんて知りませんでした♪ 貸切の屋形船から見る鵜飼は情緒いっぱい。川の上は虫も全然いないし涼しくて気持ち良か良か!隣にいた先輩も自然とチャーミングな笑顔になります!

...の「均ちゃん」が都合で断念されたので、ソロ活動。 ライティング・カヤックの桜ツーリングの事を知っておられる関係者が多かったので、「誰だこいつ?」「なんだお前は?」ということは全くなく、「ああ、あの時の方ですか」と好意的な反応でした。 式典自体は短いのですが、粋な計らいで希望者は屋形船「みづき」に無料で乗船して、川面からライトアップされた山居倉庫を眺めるという素敵な企画がありました。 「みづき」の邪魔をしないように、蛍を意識してテールに赤く点滅するLEDランタンを2個入れ、先端と中間部に4個の無色のLEDランタンを配置して漕ぎ出してみました...

大和国最南端、南海道には初香(ういきょう)という町があります。その名の由来は「国で最初に花の香る場所」で、春の訪れが早いことで有名です。桜の名所でもありますよ。その季節には屋形船が行き交い茶屋が繁盛します。 名物はもちろん桜餅です!お立ち寄りの際はぜひご賞味下さいね。